合宿④ +α

合宿では様々な指導を行える利点が多いです。

技術指導以外にも!!

基本的な学習習慣・生活習慣のチェックもうちのチームは厳しい!!

遠征や試合など、またバドミントン関係なしに小・中学生の生活を目にする機会があります。全国大会、北信越大会などなど・・・・・・

そういうとき出るな・・・・・・・という感じは多々・・・・・・・・・

例えば先日も県外での練習等、合同で行う際も、準備・片付け・整頓・指導者の分に関する配慮、周囲の分にまで目をくばる、などなど、保護者が同伴しないうちのチームでは自分でそういったことをするのは当たり前になってきていましたね!!
習慣として、何も言われなくてもそれらが外で出来るというのは素晴らしかったと思います。
年に・・・・・・何泊も何泊も合宿や遠征してればそうなるか・・・・・・・

保護者の方が全て行っていたり、指導者の方がされているのを見ると・・・・・・なぜか心が痛むし、申し訳ない気持ちになりますね(*_*)

大人の方がそういったことをしていたら、今度は選手たち自ら交代を申し出るよう指導もしていこうと思いました。練習に関することはそういった事ができますが、生活のこととなると、指導機会が全然違うので・・・・・・なかなか自発的に、というレベルは小学校低学年の選手には難しいのもあるかもしれませんね。
うちの選手が交代を申し出る姿をみて、またいろいろな方々に響いてくれれば!!

3泊4泊と・・・・・やはりそういった効果は絶大!!
なんかチャンスがあれば年々泊数が増えていくような気がするのですが、今度の合宿は4泊5日にするとか言ってな・・監督・・・・

役割分担や気を張って考えて生活する合宿での数日間は
紛れもなく、日常では味わえない、学ぶことができない生活なんだと改めて感じました(^^)

Comments are closed